Skyrim Mod データベース

検索結果:無限ロード防止 おすすめMOD順search

 [パッチ] Crash fixes Download ID:72725 Author:meh321 2016-08-28 21:32 Version:12
RATE: =1667 G=50 TAG: [CTD回避] [SKSEプラグイン] [CTD改善] [フリーズ改善] [無限ロード防止]
Crash fixes Title画像

Crash fixes

Crash fixes
Descriptionの訳(Changelog:は除く) Version.10 現在 Last updated at 17:45, 23 May 2016

http://www.loverslab.com/topic/46913-… において報告された各種クラッシュ事項に対処することを試み、対処する助けとなるpluginを作成しました。SKSE/Plugins/CrashFixPlugin.ini の内容を変更することで各修正項目を個別に有効化/無効化することができます。初期の設定内容は作者による推奨設定ですが、何か問題があるようだったら、変更が可能であるということを知っておいて下さい。クラッシュに対する修正内容(addressを含め)を正確に知りたければ、上記のINIファイルかnexusのページのreadmeセクションを確認して下さい。クラッシュに関する作者の知りうるところを簡単に述べてあります。

当pluginは、STEP guideと適正なmod利用のルールに従っている環境において、それでもなおよく発生するクラッシュに対処する修正を行うものです! いいかげんなmodの導入や、mod間の競合に起因する問題には対応しません。

メモリ・アロケーション・パッチ機能を使用する方法
1. CrashFixPlugin.ini を開き、"UseOSAllocators=0"と記述されている箇所を見つける
2. "UseOSAllocators=1"と変更する
3. SKSE Plugin Preloaderをダウンロードし、インストールする
4. ゲームを開始する。メモリ・パッチが適用できなかった旨のエラーが表示されたら、内容を読んで下さい。状況把握に役立ちます。
(5.)ENBを使用していてゲームがクラッシュしたなら、enblocal.iniでExpandSystemMemoryX64=falseに設定して下さい。
(6.) ゲームのクラッシュが増えるようだったら(特にUNP RaceMenu sliderに関連している?)、CrashFixPlugin.iniでAlignHeapAllocate=1に設定してみる。

安定性向上に役立つ情報:

(These are things I've observed and Not 100% fact!)
(作者の見解によるもので、100%事実というわけではありません!)

各自の環境で、INIに該当する記述が存在しない場合は、初期値に設定されているということです。

Data/SKSE/SKSE.ini(CrashFixPlugin.iniでUseOSAllocators=1 と設定した場合は不要):
DefaultHeapInitialAllocMB:Memoryの項目 768 に設定。多数のmodを導入している、または uGrid を5よりも上に設定している場合は 1024 に設定。セーブデータをロードする際のCTDの回避に有効。qasmoke後にセーブしたデータはロードできる場合に特に有効。最大値は 1280。ENBを併用する場合、高い数値に設定しているとゲーム起動時にCTDする可能性がある。

ScrapHeapSizeMB:Memoryの項目 256 に設定。より高い数値に設定するとキャラクタの移動の際にCTDしやすくなる。

Skyrim.ini:
uExterior Cell Buffer: Generalの項目 この設定値が高過ぎるとクラッシュしやすくなる。特にゲームプログラムが多くのcellを一度にunloadしようとすると顕著。数値を0にする、あるいはINIから記述を削除すると、プログラムが最適な値を判断するので、そうするのが最善と思われる。

bPreemptivelyUnloadCells:Generalの項目 この項目が1に設定されることはゲームプログラムがcell bufferを解放し、可能であればcell情報をunloadすることを意味する。初期値は0であり、他のcell情報が必要になるまでメモリ上にcell情報を保持することを意味する。0にしておくほうが良い。cell情報を直ちにunloadすることに意味はなく、bufferに保持することには意味がある。

fPostLoadUpdateTimeMS:Papyrusの項目 より高い数値にすることはロード時間が伸びる原因になる。かなり低い数値(例として5にして試行した)に設定してもゲームをクラッシュさせることはない。作者は500に設定。問題ないように思われる。scriptを多用するmodを多数使用している環境であれば、750あるいは1000以上の設定を試行することも意味はある。

bEnableLogging:Papyrusの項目 0に設定。mod開発者でなければpapyrusのlogをとることに意味はない。常にファイルにデータを書き出すことは、俗説とは逆でパフォーマンスには良い影響はない。Papyrus logは想定外の動作をするscriptを見つけることには役立つが、クラッシュの原因究明には役立たない。普通にゲームをプレイする場合は無効にすることを推奨する。

bEnableTrace:Papyrusの項目 0に設定。上記参照。

他のpapyrusの項目 削除。papyrusの設定を変更すると不安定化やscriptの遅延の原因になる。

iPresentInterval:Displayの項目 VSyncの有効化/無効化。この項目を初期値の1から変更する必要はないし、初期値でよい。

Safety Load (CrashFixPlugin.iniでUseOSAllocators=1 と設定した場合は不要):
もし、(ゲームプレイ中の)各場面で無限ロードあるいはフリーズになるのであれば、Safety Loadをインストールすること。Safety Loadは処理の停滞(deadlock)の原因になるメモリーアロケーションのバグを修正するもの。そして、SKSEのメモリーPatch(設定)を使用していても、(無限ロードあるいはフリーズになるのであれば)依然としてSafety Loadを使用する必要がある。Safety LoadとSKSE memory patchは同じ内容のものではない。SKSE memory patchはより大きなメモリーブロックをアロケートすることで、長時間の処理の停滞(deadlock)の問題を表面化させない。フリーズ、あるいは無限ロードにまったくならないならば、Safety Loadは必要ない。

Stable uGridsToLoad :
使用しないこと。メモリ破綻(memory corruption)の原因になる。多くの場合、INIでuGridsToLoadの設定値を変更するまで有効にならない(なぜuGridsToLoadの設定値を変更するのか、作者には分からない)。

ENB:
ENBを熟知しているわけではないが、enblocal.iniの内容で2つ、推奨することがある:
ExpandSystemMemoryX64=false
ReduceSystemMemoryUsage=true

Bashed Patch Wrye Bash :
これは作成するべき。各mod間の競合、特に大きな障害になりうるleveled listに関わる競合を解消するのに役立つ。もし一切の競合がなくても、これがあったからといって何ら害はない。もっとも、少数のmodしか導入していなくてもたいがいは競合はあるものだ。

LOOT [Skyrim SE]LOOT - Load Order Optimisation Tool :
LOOTはロードオーダーに起因する問題を解消するのによいツールだ。が、完璧というわけではない。まれにmodの配置が適切にいかないこともある。各自で判断すること。LOOTは潜在的なmodの問題点の指摘もしてくれる。

TES5Edit cleaning:
ぜひ行うべき! どのmodがクリーニングが必要かはLOOTが指摘してくれる。

Playthrough:
ゲームの進行中はmodのインストール、アンインストールはしないこと。ロードオーダーの変更もたいへん良くない。特にbashed patchやSkyProc (requiem, perkus maximus)を利用したmodを使用してる場合は。これはESP(のあるmod)に対しての言及であり、Graphics modや純粋にSKSE pluginのみ(のmod)であれば、ほとんどの場合いつでもインストール、アンインストールしてよい。

一般的な問題発生状況と対処法:

UseOSAllocators=1 に設定するとキャラクタクリエイションやその他でスライダーを変更するときにクラッシュする。
CrashFixPlugin.iniでAlignHeapAllocate=1に設定すること。ただし、ロードにかかる時間とメモリ使用量は増加してしまう。

UseOSAllocators=1 に設定するとゲーム開始直後、あるいは、セーブデータのロード時またはその直後にクラッシュする。
enblocal.iniでExpandSystemMemoryX64=falseに設定する。

"running out of memory"のメッセージが出てクラッシュする。
enblocal.iniでReduceSystemMemoryUsage=trueに設定する。

地面のtextureがチラついて(flickering)おかしい。
enblocal.iniでExpandSystemMemoryX64=falseに設定する。
  • Crash fixes画像1
Skyrim Nexus, meh321. 28 Aug 2016. Crash fixes. 17 Jan 2016 <http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/72725>.
[コメントを読む(217)] [コメントを書く]
 [バグフィックス] Safety Load Download ID:46465 Author:kapaer 2014-01-04 19:22 Version:1.2
RATE: =663 G=104 TAG: [kapaer] [無限ロード防止] [SKSEプラグイン]
Safety Load Title画像

Safety Load

無限ロード防止SKSEプラグイン。ロード画面で止まってしまうバグを修正します。

あくまで「無限ロード」防止であり、CTDに効果があるわけではありません。
ゲーム中の機能ON設定の場合に不具合起きる人は、ロード時のみの設定すれば問題なく使用することは出来ますが、当然ゲーム中での無限ロードには効果はありません。
(詳しくは付属のReadMeを参照してください)
SKSEプラグインのみで、espはありません。

●必須
Skyrim v1.9.32.0
SKSE v1.6.16
  • Safety Load画像1
Skyrim Nexus, kapaer. 4 Jan 2014. Safety Load. 6 Nov 2013 <http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/46465>.
[コメントを読む(231)] [コメントを書く]
 [その他] Skyrim Improvement Guide - Best Mods and Tweaks Download ID:12161 Author:deanoman 2014-12-10 16:50 Version:2.6
RATE: G=2 TAG: [ini] [CTD回避] [無限ロード防止]
STEPに触発されて作成したものだそうで、
一言で言えば、MODリストとini設定のhtmです。
Skyrim Nexus, deanoman. 10 Dec 2014. Skyrim Improvement Guide - Best Mods and Tweaks. 5 Mar 2012 <http://www.nexusmods.com/skyrim/mods/12161>.
[コメントを読む(4)] [コメントを書く]
Real Time Information!CLOSE
1513472339 1513449581 1513476062 none none
▲ OPEN COMMENT